スポンサードリンク


更新:2019年4月17日

リフォーム業者はどこが良い?おすすめの業者は?

 

口コミ評価やランキングなどにこだわらず、「自分とウマが合うリフォーム業者」何よりも一番!

 

一度施工してもらったらそれで終わりではありません。ともすれば、一生その人・その会社とのお付き合いになるかもしれません。

 

口コミや、評判も大事ですが、最終的には「一生付き合えるか?」という考え方で判断してみるといいと思います。

 

自分に合うリフォーム業者を選ぶポイント

 
  1. どのような工事を依頼したいのか明確にする
  2. 自分の希望工事を得意としている業者を探す

最近、全国各地であらゆるリフォーム業者が増えてきています。そのため、リフォーム工事をしたいと思っても一体どの業者に依頼をすれば良いのかわからないという方がたくさんいます。

 

リフォーム業者探しの方法
  • インターネットで「○○(住んでいる地域)、リフォーム、業者」などで検索をする
  • ポストに入っているチラシや新聞に折り込まれている広告などを見る
  • 家族や友人がリフォームした業者を紹介してもらう
  • 住宅雑誌などに掲載しているリフォーム業者に問い合わせる
  • 不動産屋が提携しているリフォーム業者を紹介してもらう

 

リフォーム業者を探す方法はたくさんあります。どの方法でも優良なリフォーム業者に出会うことはできます。しかし、中には悪徳な業者もあり、工事費用を多く請求されたり、手抜き工事をされたりする場合もあります。

 

そのため、リフォーム業者を選ぶ際は慎重に検討をする必要があります。特に、訪問型のセールスをしてくる業者は「今すぐ契約してくれれば値引きします」などと言い、実際の工事の際に追加請求をしたり、見えない部分で手抜き工事をして利益を増やそうとします。

 

だから1社の見積もりだけで絶対に決めてはいけません。必ず複数の業者から見積もりを取り、相場観をある程度頭のなかに入れておき、騙されないように予防しておきましょう。

 

数社の見積もり比較するなら一括見積が効率NO.1

紹介実績32000件以上、厳しい審査をくぐり抜けた信頼のおけるリフォーム会社300社以上が登録、「完全無料のタウンライフ」で相見積を取るのが、現状では間違いない手段です。

 

リフォーム業者,どこが良い,おすすめ,業者は?

一括見積なら”タウンライフがおすすめ” >>

最低でも3社以上をおすすめします

 

1.どのような工事を依頼したいのか明確にする

たくさんあるリフォーム業者の中から数社に絞る際のコツは、まずは「自分たちがどのような工事を依頼したいのか」ということを明確化することです。

 

業者によって工事内容の得意・不得意があります。自分たちの希望に出来る限り沿った工事をしてもらうためには、まずは「自分たちの工事内容を得意とする業者を探す」ことが大切になってきます。

 

どのような工事を行いたいのか

  • トイレを新しくしたいのか⇔トイレやお風呂や洗面所など全て新しくしたいのか
  • キッチンを新しいシステムキッチンに交換したいのか⇔壁付けだったキッチンを、アイランド型のキッチンに変更したいのか
  • 畳を新しいものに張り替えたいのか⇔和室を洋室に変更したいのか

 

工事の内容によって依頼するリフォーム業者が変わってくる場合があります。まずはどのような工事を行いたいのかをしっかりと明らかにし、工事内容にぴったり適した業者を探し出すようにしましょう。

 

2.自分の希望する工事を得意としている業者を探す

自分の希望する工事を得意としている業者を探す際には、最低限抑えておくべきポイントが3つあります。悪徳業者を省くための一線です。

 

  1. これまでの工事実績や口コミ評判
  2. 会社の規模や立地
  3. 担当者の人柄や担当者との相性

 

自分たちの希望にできるだけ合った工事をしてくれそうなリフォーム業者を探すことができたら、次はその中から数社ピックアップして、実際に話を聞いてみる必要があります。

 

たくさんある業者の中から2~4社程度に絞ることで、その後の業者選びが格段にしやすくなります。まずはたくさんある業者の中から、数社に絞るようにしましょう。

 

業者を絞る際のポイント

 

・依頼側が希望しているような工事を過去に何回も行っているか
過去に同じような工事を何度も行っていれば、手際も良く安心して依頼することができる場合が大半です。これまでの工事実績がどのようなものかを確認し、ある程度の実績を持っている業者にすることをおすすめします。

 

・口コミ評価はどうか
できるだけ口コミ評価が良いところを選ぶようにしましょう。ただし、口コミ評価はあくまでも各個人の意見です。そのため、口コミ評価をそのまま鵜呑みにするのではなく、あくまでも参考程度に見ることが大切です。

 

また、友人や知人の紹介でも同じです。友人の意見をそのまま鵜呑みにして期待外れだったという場合もあるので、友人の意見は参考程度にして、しっかりと自分の目で見極めるようにしましょう。

 

・会社の大きさ
大手のリフォーム業者だから確実に安心できるという訳ではありませんが、ある程度の規模の会社であれば工事後の保証などもしっかりとしています。従業員がどのくらいの会社なのかなども事前に確認しておくと良いでしょう。

 

・会社の立地
工事が始まるとその会社から毎日自宅までやってきてくれることになります。できるだけ自宅から近い業者を選ぶようにしましょう。片道1時間以内くらいの業者がおすすめです。

 

また、悪徳リフォーム業者の中には架空の住所を会社の住所と偽っている場合もあります。そのため、心配な場合は実際に会社まで出向いて確認してみると間違いありません。

 

・担当者の人柄や担当者との相性
リフォーム工事は「どのように仕上げて欲しいのか」ということを綿密に随時担当者と話し合い、打ち合わせを進めていく必要があります。

 

そのためいくら腕の良い大工さんがいても、担当者との相性が良くないと意見交換が難しくなってしまいます。打ち合わせ時などに見せる担当者の人柄や、担当者との相性なども気にするようにしましょう。

 

特に、人柄がでやすい担当者の「マナー」などにも着目してチェックをすることをおすすめします。

 

打ち合わせや相談段階で失敗しない、業者選びの方法

問い合わせや相談段階でチェックすべきポイント

  • こちらからの連絡に素早く対応をしてくれるかどうか
  • 時間にルーズではないか
  • 無理矢理契約をさせようとしてこないか

 

たくさんあるリフォーム業者の中から数社に絞ることができたら、次はその中から実際に工事を依頼する1社を決めなければなりません。その際に、より良い業者と契約ができるようにいくつかのポイントを抑えておく必要があります。

 

問い合わせ・相談の段階の3つのチェックポイント

 

資料を送って欲しいと連絡した際、すぐに対応してくれるかどうか

比較的どの業者も対応は早いはずですが、場合によって対応が遅いときがあります。許せる範囲内であれば良いのですが、あまりにも対応が遅い場合はその後の工事の本格的な打ち合わせ時にも対応が遅い場合が考えられます。

 

自宅にて下見をする際、時間通りに来るかどうか

リフォーム業者に話を聞くためには、まずはリフォームする箇所に下見に来てもらわなければなりません。その際に時間に遅れてきたりあまりに早く到着したりしていないか、必ず確認をするようにしましょう。時間にルーズな業者は工事内容や日程に関してルーズになってしまう場合が稀にあります。

 

契約を急かしてこないかどうか

訪問型の飛び込み営業の業者に多い傾向です。無理に契約を進めようとする場合は、少し信用性に欠けるので、検討し直すことをおすすめします。

 

尚、「今日中に契約をしてくれれば、大幅に値引きします」などと言って急かしてくる場合もありますが、必ず安さにはそれなりのカラクリがあります。安いからと言って、くれぐれもすぐに飛びついて契約をしてしまわないようにしましょう。

 

打ち合わせの段階で失敗しない、業者選びのポイント

  • こちらの希望する工事内容に合った、様々な案やアドバイスをしてくれるかどうか
  • 数社で同じ工事内容での見積書を作成してもらい、各社で比較をする
  • 契約後の段取りや工事後の保証内容について丁寧な説明があるかどうか

リフォーム業者を決める際、大切なチェックポイントがいくつかあります。どの業者も良心的で信用性が高い場合は、最後にこの3つのチェックポイントに当てはまっているのかどうかを考えるようにして下さい。

 

リフォーム業者選びを成功させることができれば、その後のリフォーム工事ももう成功したと言っても過言ではありません。どの業者に決めるのか、しっかりと検討をした上で契約を結ぶようにしましょう。

 

打ち合わせの段階の3つのチェックポイント

 

こちらの意向に沿った内容で、アドバイスをしてくれるかどうか

施主の意見に沿いながら、より良くなるように工事内容を提案したりアドバイスしたりしてくれる業者かチェックしましょう。単に儲けようとするための提案ではなく、施主側がより快適に暮らすことができるような案をアドバイスしてくれる業者は大変おすすめです。

 

~提案例~

○施主側:壁付けのキッチンをカウンタータイプのキッチンにしたい

 

(例1)カウンターキッチンの造作壁に木目調の飾り棚を設けて、カウンターを部屋のインテリアの一部にする

 

(例2)カウンターキッチン上の吊り戸棚をなくしてすっきりとした印象にする代わりに、カウンターキッチンの後ろに大容量の収納棚を設置する

 

見積書に具体的に詳細が記載されているか

業者によっては大まかな見積書しか作成せず、実際に工事が終わった後に見積書に書いていなかった工事内容として追加請求してくる場合があります。

 

そのため、養生代や足場代など、細かいところまでしっかりと見積書に記載されているのかどうかを確認するようにしましょう。

 

~見積書のチェックポイント~

○クロスや浴槽や便器など各商品の種類・材質・グレードが各社で同じかどうか
○養生の範囲や程度はどのくらいでどのくらいの費用なのか
○下地処理はどのようになっているのか

 

商品のグレードや処理の仕方で費用は大きく違ってきます。できる限り同じグレードで同じ工事内容の見積書を作成してもらうことで、各社の各工事の費用相場が明確になります。

 

契約後の工事の進め方や、保証などについての説明がしっかりとあるかどうか

契約をすることだけに注目をしているのではなく、あくまでも工事内容に重きを置き、工事の進め方や工事完了後の保証制度などについてきっちりと丁寧に事前に説明してくれるような業者がおすすめです。

 

リフォーム工事は既存のものを新しくして、より快適に暮らすことができるようにするためのものです。そのため、工事を終えた後家族全員が満足して暮らすことができるようにならなければなりません。

 

万が一、満足いかない箇所やリフォームし直して欲しいということが起きた場合に、迅速に対応をしてくれるであろう業者を選ぶことが大切です。そうすることで、より安心してリフォーム工事を依頼することができます。

契約後の段取りについて事前にチェックすべき点

 

どのようにして商品を選んでいくのか

トイレやお風呂やキッチンなどのリフォームをする際、どのように商品を選んでいくのか確認をしましょう。カタログだけで選ぶように提案してくるのか、ショールームを案内して実際に触れたり見たりしてから選ぶように提案してくるのかによっても大きく変わってきます。

 

中には、ショールームにリフォーム業者の担当者も同行してくれて、寸法などを確認しながら一緒に検討してくれる場合もあります。一緒に見学をすることで、施主側の趣向や好みを伝えることができやすいため、このような業者はとてもおすすめです。

 

工事にとりかかれるのはいつ頃なのか

工事に実際に取り掛かることができる時期が、施主側の希望通りかどうかを確認しましょう。せっかく契約をしても、他の現場での工事が立て続けに続いていてなかなか自分たちの工事に着工してもらえない場合もあります。

 

希望の工事時期や希望完成目安時期を伝え、施主側の希望通りにできるだけ近いようなスケジュールを組んでくれるような業者がおすすめです。

 

工事スケジュールについての丁寧な説明があるかどうか

大がかりな工事の場合は近隣の住民の方へのあいさつ回りがあるのかや、雨天時の場合はどのようにスケジュールが変更されるのかなどについて確認をしましょう。

 

また、どのような段取りで工事を進めていくのかについての説明があるかどうかについてもチェックをするようにしましょう。

 

引き渡し後のアフターサービスについて

工事が完了したらそれっきりとなるのではなく、きっちりとしたアフターサービスを受けることができるのか確認をしましょう。

 

工事が完了した後でも困ったことがあった場合は気軽に問い合わせをすることができるのかどうかや、工事内容に不備などがあった場合は無料でいつまでならしっかりとした保証を受けることができるのかなど、アフターサービスについての丁寧な説明があるかどうか確認をしましょう。

 

 

業者選びに一括見積は外せない手段

 

リフォーム業者,どこが良い,おすすめ,業者は?

一括見積なら”タウンライフがおすすめ” >>

管理人が親兄弟に業者の選び方を聞かれたら間違いなくおすすめする方法が”一括見積”です。

TOPへ