スポンサードリンク


更新:2019年11月6日

注文住宅で失敗しがちな「収納の数と大きさ」対策

注文住宅で家を建てるとなると間取りを好きなように決めていく作業があります。とても楽しい時間かと思いましたが「いざ住み始めてから不便だったら嫌だな…」ということを考えると結構大変です。

 

そんな間取りを考えている時にとても重要なのが「収納をどうするか」です。特に男性より女性の方は収納をとにかく大事に考えている方が多いです。

 

もし、収納を作る・作らないで悩んでいるのなら「多少部屋を削ってでも収納は作っておくべき」というのが、建築業界で長くやっている方の共通する意見です。

 

収納の中はどうする?

 

何も付けない

ポッカリ何もせず空間を開けておき、あとでラックやら、棚やらを置くという案。

 

最初から棚をつける

可動棚 見本

最初の段階で棚をつけておいたほうが、結局はキレイに収まることが多いようです。

 

参考サイト:南海プライウッド株式会社

 

特にユーザビリティの高さから人気が高いのは「可動棚」です。棚の高さを調整できるので、入居した後でもしまうものに合わせて高さを合わせることが出来るので、ぴったり無駄なスペースを作らなくて済みます。

 

可動棚の注意点

 

設置位置を決めておく必要がある

 

可動棚は縦のレールをつけるのに「下地が必要です」。なので、はじめの段階で付ける位置を決めておく必要があります。入居後「可動棚にしよう!」と思っても、付けられない可能性もありますので、予め「可動棚を付けるかもしれない」ことを建設業者に伝えておき、下地を作っておいてもらえば安心だと思います。

TOPへ