スポンサードリンク


更新:2019年9月15日

リフォームにかかる費用の予算相場はいくらくらい?

  • 水回りのリフォーム費用の相場…「30~130万円前後」
  • 部屋の間取り変更などのリフォーム費用の相場…「50~150万円前後」
  • 外壁塗装のリフォーム費用の相場…「100万円~150万円前後」
  • 増改築や全面リフォームの場合の費用相場…「200万円~300万円前後」
 

部分的リフォームに必要な費用の予算相場は?

キッチンのリフォームにかかる費用の予算相場

  • システムキッチンを丸ごと新しいものに交換する場合…「50~100万円前後」
  • システムキッチンを既存の場所とは違う所に設置・交換する場合…「100~150万円前後」

水回りの中でも特に人気のあるリフォームがキッチンのリフォームです。キッチンは毎日家族の食事を作る家の中でも特に大切な空間です。また、家庭の中でも作業時間が最も長い空間とも言えます。

 

そのため、キッチンのリフォームはしっかりと利用者の使い勝手を考えたものを検討しながら、予算に応じたものを賢く選ぶ必要があります。

 

キッチンのリフォームにはいくつかの種類があり、キッチンの大きさや素材などのグレードによってリフォームにかかる費用は様々です。

 

キッチンのリフォーム例と費用相場

・システムキッチンはそのままで、キッチンの壁紙や床などを新しいものに張り替える
 費用相場「~10万円」

 

・システムキッチンを新しいものに交換する
 費用相場「50~100万円」

 

・壁付けだったキッチンを取り壊し、カウンターを造作し新しいシステムキッチンを設置する
 費用相場…「100~150万円」

 

このように、リフォーム工事内容によって費用の相場も大きく変わってきます。

 

また、最近のシステムキッチンには様々なオプションが付いていて、オプションを追加すればするほど費用は高くなっていきます。

 

さらに標準グレードのカラーではないカラーを選んだ場合も、費用が高くなる場合があります。

 

システムキッチンのオプション例と費用相場

・水道の蛇口を普通のから、シャワーヘッドにグレードアップ
→5~10万円前後アップ

 

・ステンレスの作業台とシンクを、人造大理石にグレードアップ
→8~15万円前後アップ

 

・コンロを標準タイプから、タイマーや両面魚焼きグリル付きにグレードアップ
→5~10万円前後アップ

 

・引き出しの取っ手を標準から、ハイグレードにグレードアップ
→5~8万円前後アップ

 

・吊り戸棚を自動で動いて取り出しやすくなる機能を搭載したものにグレードアップ
→10~20万円前後アップ

 

・引き出しの扉のカラーを標準から、木目調にグレードアップ
→3~10万円前後アップ

このように、オプションを変更することで費用相場は大きく変わってきます。

 

どの機能を取り入れてどの機能をなくすのかは、実際にキッチンに立って料理をする人が中心になって選ぶことで、無駄なくよりよりキッチンに仕上げることができるはずです。

 

キッチンをリフォームする際はカタログなどを見るだけではなく、実際にショールームなどに出向くようにしましょう。本物のキッチンに実際立ってみたり触ってみたりすることで、イメージも湧きやすくなります。

 

ただし、実際に触ってみたり見たりするとどれも良く感じてしまいがちです。

 

全てをグレードアップしていては予算オーバーになってしまうので、リフォーム費用の相場を参考にしながら、大体の予算を決め、その予算内でリフォーム工事ができるように進めることが重要です。

 

部屋の間取り変更などに必要な費用の予算相場は?

  • クローゼットなどの収納部分を設置する場合…「10~30万円前後」
  • 廊下や階段に手すりを設置したりバリアフリーにしたりする場合…「20~50万円前後」
  • 和室2間をぶち抜いて、洋室1部屋にする場合…「100~150万円前後」

部屋の間取りの変更や、各部屋の細かいリフォームは工事の内容や規模によって大きく費用の相場は違ってきます。

 

押入れだったところをクローゼットに変更したり、洋室の中にクローゼットを新しく取り付けたりするといった工事は比較的簡単に行うことができます。工事日数も1~2日しかかからないため、工事にかかる費用も比較的安価です。

 

もちろん、クローゼットの扉やポールや収納棚等の設置などにこだわりがあれば、もう少し費用は高くなりますが、それほどこだわりがなければ大抵の場合予算相場内で工事を行うことができます。

 

クローゼットのリフォーム工事例

・クローゼットの中に収納棚を取り付ける
・空き部屋にポールなどを設置してウォークインクローゼットにする
・押入れだった所を壁紙や扉などを新しいものに交換してクローゼットにする

 

一方、和室2間をぶち抜いて洋室1部屋にするといった工事は、比較的大がかりで、工事日数も数日間必要になります。そのため、どうしても工事に必要な費用は高くついてしまいます。

 

間取りを大幅に変更するということは、既存のものを全て取り壊し一旦回収し、その後から新しいものを順番に設置していかなければなりません。そのため、床板の材質や壁紙の材質などにもこだわりを出すとさらに費用の相場は高くなります。

 

間取り変更の際に検討すべき3つのポイント

 

建物の構造上、ぶち抜いても構わない壁なのか
間取りを変更した後のコンセントの位置やエアコンの位置
扉が2つある場合はどちらの扉を利用し、どちらの扉を封鎖するのか

 

尚、廊下や階段の手すり設置やバリアフリー工事に関しては、介護保険が適用される場合があります。介護保険を適用させれば工事費用の自己負担額が大幅に低くなるので、とってもお得です。

 

そのため、もし介護保険が適用なのであればぜひ手続きを行い、少しでも自己負担額を抑えてリフォーム工事を行うようにしましょう。

 

介護保険について

・自己負担額
工事にかかった費用の1割(支給限度基準額は20万円まで、原則1人1回限り)

 

・対象者
要介護の認定を受けている人

 

・対象となる工事内容
①手すりの取り付け
②移動を円滑にするために床板の材質交換
③車いすの人でも開けやすい扉(引き戸など)への交換
④トイレの和式便器から洋式便器への交換など

 

・手続きに必要な書類
支給申請書・工事見積書・リフォーム工事終了後の完成予定の状態がわかるもの・リフォーム工事が必要な理由書

 

・工事終了後に必要な書類
工事費の内訳書・リフォーム工事にかかった費用に関わる領収書・リフォーム工事が完了したことが分かる日付つきの写真

 

尚、リフォーム工事を介護保険適用にするためには、地域や自治体によって手続きの仕方や書類などが違う場合があります。申請をする場合は事前にしっかりとした確認をしておくことが大事です。

 

業者さんにすべて任せるのではなく、自分で役所に問い合わせるなどして、あとでトラブルになる確率を下げる努力をしておくとより、安心だと思います。

 

全面的リフォームに必要な費用の予算相場は?

外壁塗装に必要な費用の予算相場は?

 

外壁塗装に必要な費用の予算相場は「100~150万円前後」

 

一軒家を購入すると10年から15年前後に1回は外壁塗装のリフォーム工事を行う必要があります。

 

メンテナンスを怠ると外壁がどんどん剥がれてきたり、コーキングなどのすきまから雨が入り建物の基礎がどんどん傷んでしまったりします。

 

そのため、外壁塗装は一軒家に住む限り必ずしなければならないリフォーム工事です。しかし、1回あたりの工事費用の相場は比較的高額な場合が大半です。

 

また、家の大きさによって相場よりも高くなる場合がある上に、塗料のグレードなどを上げるとさらに費用は高くつきます。

 

塗料の種類と効果

・標準グレード…標準の効果
・ハイグレード…UV加工がしてあり、遮熱効果あり
・スーパーグレード…ハイグレードの効果+20年塗り替え不要効果

 

外壁塗装のリフォーム工事は比較的高額な工事なので、できる限り費用を抑えながら工事ができるようにする必要があります。

外壁塗装のリフォーム工事費用を少しでも抑えるポイント

1社に始めから決めず、まずは数社に見積もりを出してもらう

数社に見積もりを出してもらうことで、自分の家の外壁塗装に必要な費用の相場を知ることができます。

 

また、数社に見積もりを依頼しているということを知ると、リフォーム業者もどうにかして費用を下げて契約をしてもらおうと動くので、最初の見積もりよりも値下げしてくる場合がよくあります。

 

そのため、外壁塗装の工事をする際は、必ずまずは数社に見積もりを取ってからどの会社にするのか検討をするようにしましょう。

 

相場よりも安すぎる業者は危険

見積もりを依頼すると、大幅に安すぎる見積もりを提示してくる業者があるかもしれません。誰でも少しでも費用を抑えたい気持ちはありますが、相場よりもあまりに外れて安すぎる場合は、手抜き工事などが考えられます。

 

そのため、相場とあまりにかけ離れた額の見積書を提示してきた業者は注意深く対応をすることをおすすめします。

 

屋根の工事も行うのであれば、外壁塗装時に同時に行う

外壁と同じように屋根も年数が経てば経つほど劣化していきます。そのため、屋根を葺き替えたり新しく上から塗料を塗るのであれば、外壁工事のときと同じタイミングで実施することをおすすめします。

 

外壁塗装のリフォーム工事をする際は、塗料が近隣の家に飛び散るのを防ぐために足場を組んでネットで家全面を覆うように張ります。屋根の工事をする際も、屋根に登るために同じように足場を組む必要があります。

 

足場を組むのにももちろん費用がかかるので、この費用を二重で支払わなくても済むように、もし外壁塗装のあとに屋根の工事もしようと考えている場合は同時に行う方が経済的でしょう。

 

 

数社の見積もり比較するなら一括見積が効率NO.1

 

リフォーム,費用,予算,相場,いくら?

一括見積なら”タウンライフがおすすめ” >>

しつこい勧誘もなく安心です

 

増改築など大掛かりなリフォーム工事に必要な費用の予算相場は?

 

大がかりなリフォームに必要な費用相場…「200~300万円前後」

 

中古物件を購入してリフォームをする人が最近増えています。その場合は、築年数や間取り、建物の大きさなどにもよりますが、どうしても大がかりな工事になる場合が多いです。

 

大がかりなリフォーム工事例と費用相場

①中古物件を購入してリフォーム

・トイレやお風呂などの水回りを全て新しいものに交換
 費用相場:200~300万円前後

 

・和室1部屋と洋室1部屋を合わせて、広いリビングに変更
 費用相場:180~250万円

 

・家中のクロスの貼られている壁紙を漆喰塗りに変更し、合板フローリングの床板を無垢材の床板に交換
 費用相場:50~100万円前後

 

②二世帯住宅用にリフォーム

・トイレやキッチンなどを2世帯分設置する
 費用相場:180~200万円前後

 

・2階に上がる扉に、鍵を取り付ける
・お風呂や廊下や階段に手すりを設置する
・インターホンとポストを2世帯分設置する
 3つ合わせた費用相場:50~100万円前後

 

③増設工事

・将来的に残しておいたスペースに、新しく1部屋を増設する
 費用相場:200~230万円前後

 

・広いお風呂を少しサイズダウンさせ、その分脱衣所を広くする
 費用相場:200~250万円前後

 

・2階にあった洋室の寝室を、普段使っていない1階の和室の場所に変更する
 費用相場:150~250万円

 

このように、工事の内容や使用する材質のグレードなどによって、費用の予算は大幅に変わってきます。

 

見積金額が高くなればなるほど、どうしても金銭感覚が鈍くなりがちですが、本当に必要な工事は何なのかということをしっかりと見直し検討をすることが大切になってきます。

 

しかし、工事の内容によっては、こまめに何回にも分けて工事を行うのではなく1度で済ましてしまった方が、養生の手間や無駄な足場の組み立てなどが省けて、工事費用を抑えることができる場合もあります。

 

そのため、大掛かりなリフォーム工事を行う際は、どの部分とどの部分を新しくしてもらいたいのかなどをしっかりと家族で話し合い明確にした上で、リフォーム業者に見積書の作成を依頼をするようにしましょう。

TOPへ