スポンサードリンク


更新:2019年9月15日

リフォームするなら補助金活用!「住宅ストック循環支援事業」記事一覧

「住宅ストック循環支援事業」って何?住宅ストック循環支援事業とは国の施策で、エコな(環境に優しく、省エネな)リフォームをすると補助金がもらえる制度です。昨年も実施された「省エネ住宅エコポイント制度」を継承しています。尚、前回制度と異なるのは、「エコリフォーム」だけでなく、住まいを建て替えたり、中古住宅の購入をしたりすることも補助金の対象としています。この記事では「エコリフォーム」に絞って説明します...

「住宅ストック循環支援事業」は、エコなリフォームをする時に補助金を出してくれる国の制度です。住宅ストック循環支援事業の「エコリフォーム」の中の「開口部の断熱改修工事」について説明します。※開口部とは建物の「窓」や「玄関・勝手口ドア」を指し、これらの断熱性能を高めるリフォームを実施すると補助金を受け取ることができます。補助金がもらえる窓とドアの工事補助金の対象となる4つの工事内窓設置(二重サッシ)ガ...

2016年11月からスタートした「住宅ストック循環支援事業」により、エコリフォーム(環境に優しい、エネルギーを節約するリフォーム)を対象に補助金が支給されます。エコリフォームの対象工事内容は3つあり、その一つが「外壁、屋根・天井又は床の断熱改修工事(以下「断熱改修工事」と略します)」です。「断熱改修工事」は外壁や屋根・天井・床に断熱材を充填して、建物の断熱性能を高める工事です。昔の家では断熱材が入...

設備エコ改修工事の内容と補助金額住宅ストック循環支援事業の補助金の対象となる設備エコ改修工事は以下の5種類です。この中の3種類以上を行うことで補助金を受けることができます。補助金対象となる工事の内容補助金額①太陽熱利用システム24,000円②節水型トイレ24,000円③高断熱浴槽24,000円④高効率給湯機24,000円⑤節湯水栓3,000円上記工事は工事の種類を対象に補助金が支給されるので、同じ...

バリアフリー改修工事の内容高齢者の家庭内の事故の防止や、介護の支援、車椅子利用者が暮らしやすくすることを目的とした工事です。対象となる3つの工事手すりの設置段差解消廊下幅等の拡張手すりの設置内容トイレ・浴室・洗面室・玄関・居室など、移動や動作の補助となる手すりを1ヶ所に1本以上設置する工事です。補助金額6,000円(設置箇所数によりません)段差解消内容トイレ・浴室・洗面脱衣室・その他の居室・玄関な...

住宅ストック循環支援事業のエコリフォームの補助金対象となる工事に「木造住宅の劣化対策」があります。要するに「古い木造の家を直す際には補助金を出すよ」ということです。劣化対策工事の種類と補助金工事種類補助金額①小屋裏換気口設置(2ヶ所以上設置)8,000円②小屋裏点検口設置3,000円③浴室のユニットバス設置30,000円④脱衣室の耐水性仕上げ8,000円⑤外壁の軸組等及び土台の防腐防蟻措置20,0...

耐震改修工事の補助金住宅ストック循環支援事業のエコリフォームのひとつに、断熱改修工事などと併せて行うと補助金を受けることができる「耐震改修工事」があります。「耐震改修工事」の補助金額は1戸あたり150,000円です。エコリフォームの補助金額の上限は合計で30万円ですが、この工事は別扱いで補助金はそのまま上乗せされ併せて450,000円の補助金額を受けることができます。※耐震改修工事で補助金を受ける...

TOPへ