スポンサードリンク


更新:2019年9月15日

注文住宅 成功するための風水・家相・色

 

家相や風水は単なる占い・迷信ではない

注文住宅,家を建てる,成功,風水,家相

家相や風水は方位学に通じる開運学の一種。世の中には色んな説が溢れていますが、基本的に昔から「家・都市の吉凶を占うもの」として使われてきました。

 

しかし、現在では占いの域を超え、科学的に実証された一つの目安として考えられています。

 

 

家相とは

 

注文住宅,家を建てる,成功,風水,家相

 

昔、中国に匈奴(きょうど)という盗賊がいました。都から見たら匈奴がいるのは東北地方。また、東北からは季節風によって強風・豪雪がもたらされます。

 

そういった悪いことをまとめて「鬼」という表現で表し「東北の方角を鬼門」、反対側を「裏鬼門」と呼ぶようになりました。※その盗賊や自然の脅威から都を守るために「万里の長城」が作られています

 

<家相の科学的証拠>

鬼門=北東角

 

北風が当たる場所でよくゴミや落ち葉が溜まる。ゴミが溜まれば乾燥しにくくなるからジメジメする。ゴミ・落ち葉が溜まってジメジメしてれば当然腐ってきて嫌な匂いが発生する。その匂いが家や部屋中に拡散され悪影響を及ぼす…という科学的な裏付けデータがあります。

 

鬼門対策

  • 鬼門の角を土塀などで二重に囲む
  • 桃の木(厄除け効果のある木)を植える

 

裏鬼門=南西角

 

西日が当たる場所=温度が高くなる=腐りやすい所…という科学的裏付けデータがあります。

 

裏鬼門対策

  • 木を植える(西日を遮る対策)

 

風水とは

 

注文住宅,家を建てる,成功,風水,家相

 

風水とは…「風と水の気の流れ」を意味している

簡単に言うと「現在自分が置かれている環境すべてをいいように利用して運を開く術(すべ)」という感じです。

 

人間少なからず運がいい人・悪い人というのがあります。生まれ持った運なのでどうすることも出来ません。しかし、その運を上げる方法があるとすれば…?

 

それが「風水」です。

 

<風水の科学的証拠>

水について

 

川(水)の流れを「龍の道」と呼びます。川と川が交わる場所は洪水・霧などが多く湿気が多いのが特徴としてあります。湿気が多いと災害や病気の原因となるものが生まれやすくなるという科学的根拠があります。風水ではこのような場所を避けるべきというのが習わしです。

風について

 

風通し=風の流れです。「家の中の空気の循環」に風の流れは無視できません。風は冷気・病原菌を一緒に運んでくるため病気の原因として考えられていました。しかし、ドアの位置・窓の位置次第で気持ちのいい風を家の中に呼び込むことができるのも事実です。

 

このように家相も風水も今ではしっかりと科学的な根拠を持ち合わせています。家を作るのに無視できない必要な情報として、真面目に取り組むべきことだと思います。


 

家相と風水を軽く見る(他人事なのがあからさまな)営業マンが多い!

 

注文住宅,家を建てる,成功,風水,家相

管理人の体験談としては、建設業者の方はココを軽く見ている方がまだまだ第一線にゴロゴロいるように感じられました。

 

私が家相や風水を気にしていることを口に出すと変な空気が生まれることが多々ありました。数字にしたら50%くらいです。

 

これは各営業マンの考えによるところが多いかと思いますが、家相や風水はもはや占い・迷信と言うような胡散臭いものではなく、れっきとした裏付けの取れたデータベースとして考えることが出来るものです。

 

一生に一度の買い物となるかもしれない家づくり。その施主の気持ちをわかってくれる営業さん、会社を見つけること、そして最終的にそこを「選ぶこと」が、家相や風水よりも大切な、一番の運命の分かれ道と断言できます。

 

そんな会社選びを自分で探すのもいいですが、あらかじめ優良業者のみが厳選されて登録されているのが”タウンライフの一括見積り”です。

 

とりあえずカタログだけもらうも良し。この会社に頼んだらいくらくらいかかるのか?を試すのに、時間を最大限に節約できる方法です。

 

 

注文住宅,家を建てる,成功,風水,家相

 
TOPへ