スポンサードリンク


更新:2019年7月22日

リフォームにかかる工事期間は?

リフォーム工事期間の目安 場所別

  • 14日くらい:外壁塗装・浴室の全体交換
  • 10日くらい:システムキッチンの交換
  • 7日くらい:トイレの全体交換・システムバスの交換
  • 1~2日:壁紙の貼り換え・手すりの設置、トイレの便器交換
 

外壁塗装のリフォーム工事に必要な工期と、工事期間中の注意点

 

外壁塗装の工事にかかる期間は?

「一般的な一軒家の外壁塗装の必要な工期は2週間前後です」
※雨などの天候などにもよる

 

一軒家を持つと家をできるだけ長持ちさせるためにも、メンテナンスを定期的に自分たちで行う必要があります。その中でも特に大掛かりなメンテナンスになるのが、どの家でも10年前後を目途に行う外壁塗装です。

 

現在、外壁塗装は様々なリフォーム業者で行われています。塗装する塗料の違いなどから費用の差は少々ありますが、大体どの業者に依頼をしても、2週間前後の工期が必要になるのには変わりありません。

 

中には祝日や日曜日などは工事をお休みする業者もあったり、雨天で工事が延期したりする場合もあるため、多少日程が前後することはありますが、目安として「2週間前後」と思っておけば、問題ないかと思います。

 

<外壁塗装のリフォーム工事の工程例>

1日目…足場・ネットの設置工事
 ↓
2日目…高圧洗浄・下地補修
 ↓
3日目~5日目…下塗り
 ↓
6日目~8日目…中塗り
 ↓
9日目~11日目…上塗り
 ↓
12日目…細かい部分の処理・金物類などの設置
 ↓
13日目…清掃
 ↓
14日目…足場・ネットの解体・撤去工事

 

外壁塗装のリフォーム工事中の注意点

 

「洗濯物は工事中である2週間の間外に干すことができないため、その対処を考える」
「2週間の内少なくても2、3回は大工さんにお茶菓子や差し入れを出す」

 

外壁塗装は、他のリフォーム工事よりもどうしても大掛かりなもので長い工事期間が必要になってきます。

 

そのため、その2週間の間、できるだけ快適に過ごすことができるように、ある程度の準備を事前にしておくことをおすすめします。

 

外壁塗装中、外に洗濯物を干すことのできない理由

・1日目…足場を組むために数人の大工さんが足場の道具に必要な工具などを持ち歩きながら家の周りを歩いています。

 

足場に使う道具類はどうしても汚れているものを使用する場合が多いため、せっかく洗った洗濯物に汚れが付着する恐れがあります。

 

また、足場を組み終わった後、塗料が近所の家に飛んだりすることを防ぐためにネットを張ります。ネットは家全体を覆うので、ネットを張った後はどうしても日光が入ってこなくなります

 

なので足場が組み終わったからと言って外に干していても、なかなか洗濯物は乾きません。

 

・2日目…高圧洗浄は外壁に付着した様々な汚れを大量の水に圧力をかけながら落としていく作業です。

 

高圧洗浄中は大量の水を常に使用するため、洗濯物は絶対に外に干すことができません。

 

・3日目以降…3日目からは何段階にも分けて塗料を重ねて塗っていきます。

 

塗料の種類にもよりますが、比較的どの塗料も匂いがあるものが多いため、外に洗濯物を干していると塗料の匂いがついてしまう場合があります。また、塗料が洗濯物に飛んでしまう場合もあるため、外には干すことができません。

 

このように、外壁塗装中である2週間はどうしても洗濯物を外に干すことができません。しかし、だからと言って2週間洗濯をしないという訳にもいかないので、ある程度の対策を事前に考えておくことが大切になってきます。

 

外壁塗装中である2週間の間の洗濯問題への対策

・洗濯機についている乾燥機機能を使用する
最近の洗濯機には乾燥機能が併設されているものがたくさんあります。そのため、もし自宅の洗濯機に乾燥機の機能が併設されているのであれば、外壁塗装中は必要に応じて利用することをおすすめします。

 

・部屋の1室を物干し部屋にして、物干し竿や除湿器などを設置する
1室を物干し部屋にし、その部屋に除湿器や扇風機などを置いて室内干しでも効率よくより乾きやすくなるような環境を作ります。

 

最近は、室内干し用の洗剤なども販売されているので、必要に応じて使用し、室内干しでも快適に洗濯することができるようにしましょう。

 

・コインランドリーを利用する
自宅の洗濯だけでは間に合わなかったり、思ったように乾かずにストレスに感じたりする場合は、コインランドリーを利用するようにしましょう。

 

シーツや大型のものは、どうしても室内干しではなかなか乾かなかったり干す場所がなかったりと、限界があります。

 

1回150円から300円前後で使用することができるので、必要に応じてコインランドリーを利用することをおすすめします。

 

また、外壁塗装中の2週間の間、大工さんは毎日家に来て工事をしてくれます。そのため、2、3日に1回くらいのペースで構わないので、自宅に施主がいる場合は大工さんにお茶菓子や差し入れを出すようにしましょう。

 

15時ごろに休憩をとる場合が多いので、その頃にでも飲み物と簡単なお菓子などを出すようにすることをおすすめします。

 

必ず出さなければならないという訳では決してありませんが、せっかく2週間もの長い期間工事にやってきてくれているのです。

 

感謝の気持ちを伝えるためにも、心ばかりのお茶菓子で良いので出すようにしましょう。

 

お茶菓子におすすめのもの

 

~春・夏~

  • アイスコーヒーや麦茶、スポーツドリンク
  • アイスやかき氷、クッキーやドーナツ、おかきや水ようかん

乾いた身体に嬉しい差し入れをすると喜ばれます。溶けやすいチョコレートなどは避けましょう。

 

~秋・冬~

  • ホットコーヒーや温かいお茶、ホットココア
  • チョコレートやクッキー、肉まんやおかき

缶コーヒーなどを温めて出す際は、熱くなりすぎないように十分に注意をしてから出すようにしましょう。

 

家の中でのリフォーム工事に必要な工期と、工事期間中の注意点

 

家の中でのリフォーム工事にかかる日数は?

  • システムキッチンの交換:10日前後
  • お風呂場の全面リフォーム工事:2週間前後
  • トイレの全面リフォーム工事:1週間前後

 

家の中のリフォーム工事は、工事の内容や規模によって必要な工期は大きく違ってきます。各リフォームにどのくらいの工期が必要なのかを把握した上で、リフォーム工事を依頼することをおすすめします。

 

<各工事の大まかな工事行程>

既存部分の解体作業や撤去作業
(既存のユニットバスや便器やシステムキッチンなどを解体・撤去する作業)
 ↓
配管の交換や下地の補修
(既存の器具を解体し取り外した後の下地を、必要に応じて補修する作業)
 ↓
床や壁や天井などの内装工事
(トイレやお風呂場、キッチンの床や壁などのクロスやクッションフロアの貼り換え作業)
 ↓
電気工事・器具の設置・配管工事
(新しいシステムキッチンや便座やユニットバスなどを取り付ける作業)
 ↓
調整作業
(配管などが正常に働き、水がしっかりと流れるのかなどの確認)
 ↓
清掃・確認
(工事中に汚さないように養生していた部分などを撤去し、最終確認)
 ↓
完成

 

10日前後のリフォーム中の過ごし方

 

「常に工事内容を見張ることなく、大工さんとは適度な距離感を保つようにする」
「工事行程を写真などに収める」

 

自宅でのリフォーム工事は、どうしても施主は工事内容が気になってそばで確認したくなります。しかし、常に施主に見張られた状態では大工さんもなかなか落ち着いて作業に励むことができません。

 

そのため、休憩時のお茶菓子を出しにいくタイミングや、大工さんが来る前や帰った後に、工事内容を確認しに行くようにしましょう。

 

ただし、工事途中にもし少しでも気になることなどがあった場合は、遠慮なくその都度大工さんに伝えるようにしましょう。仕上がってからでは手遅れということもありますが、工事途中であれば対応可能の場合が大半です。

 

せっかくのリフォーム工事です。納得のいく工事になるように、大工さんとは適度な距離を保ちながら10日前後の工事を見守るようにしましょう。

 

また、せっかく自宅にいながら工事を行うのであれば、ぜひ工事の工程を写真に収めておくようにしましょう。写真に収めておくことで、どのように古かったものが新しいものにかわっていったのかが後で見てもよくわかります。

 

工事中家にいることのできない家族のためにも、ぜひ1日1枚は写真を撮ることをおすすめします。良い記念になります。

 

1日や2日でできるリフォーム工事

 
  • クロスの貼り換え
  • クッションフロアの貼り換え
  • トイレの便座の交換

などは1・2日あれば簡単にリフォーム工事ができます。

 

リフォームには2週間以上かかる大掛かりのものもあれば、1日や2日で仕上げることのできる工事もあります。

 

1日や2日であれば、特に気負いすることなく気軽にいつでもできるため、少し家の劣化が気になるという方はまずは簡単な工事から依頼してみるのもおすすめです。

 

<クロスやクッションフロアの貼り換え工事までの行程>

~リフォーム工事前~
・リフォーム業者に新しく張り替えてほしいところの場所を見に来てもらい、寸法を測ってもらう

・カタログやサンプルなどを見て希望の柄や素材のものを選ぶ

~リフォーム工事当日~
・希望のクロスに張り替える

 

たばこを家の中で吸ったり、日当たりがとても良かったり、油を使った料理を頻繁にしていたりすると、どうしても壁紙は日に日に黄ばんできたり汚れてしまったりします。

 

しかし、クロスを張り替えるだけで、部屋の印象ががらりと変わり、簡単な工事の割に一気に新築の時に戻ったかのような気にもなることができます。

 

クッションフロア

洗面所やトイレなどでよく使われるクッションフロアも経年劣化でべたついてきたりいくら拭いても汚れが落ちなかったりする場合があります。

 

最近のクッションフロアはプリントとは思えないような鮮明な柄が使われていることもあり、選ぶのも楽しいはずです。

 

1・2日あれば見事に生まれかわるクロスやクッションフロア。リフォーム工事をしてみる価値は大いにあります。

 

トイレの便座交換

トイレの便座交換も同じです。多くの家庭で洋式の便座が使用されていますが、まだ和式の便座を使用している家庭はたくさんあります。

 

和式の便座よりも洋式の便座の方が、子どもからお年寄りまで使用しやすいということもあって、リフォームをする家庭がどんどん増えています。

 

また、同じ洋式タイプの便座でも最近の便座は掃除がしやすいようにあらかじめコーティングされていたり、節水モードが最初から搭載されていたりと便利でお得なものがたくさん販売されています。

 

工期はトイレの大きさなどにもよりますが、便座だけの工事であれば1、2日で完了する場合が大半です。

 

トイレは毎日家族全員が必ずと言ってよいほど使用する場所です。リフォーム工事をして、快適な空間へとしましょう。

 

1日・2日でできるリフォーム工事をする場合

 

「信頼のできるリフォーム業者に依頼をしましょう」

 

1・2日でできる簡単なリフォームだからと言って、リフォーム業者選びに手を抜いてはいけません。簡単な工事だからこそ、リフォーム業者は慎重に吟味する必要があります。

 

もし、今回の工事で良い業者で信頼できるとわかった場合は、今後家のリフォーム工事をする際に、再度安心して同じ業者に依頼をすることができます。

 

また、もしその業者の専門外の工事を依頼したい場合も、一度その業者に声をかけることで、良心的な他のリフォーム業者を紹介してもらうことができるかもしれません。

 

そのため、たった1日や2日だけの工事だからと言って手を抜くのではなく、短期間でできる工事だからこそそのときの業者の対応や作業内容などをしっかりと見極め、今後も頼りにすることのできる信頼できる業者を探しておくようにしましょう。

 

優良リフォーム業者を見極めるポイント

 

  • 工事内容についての説明は明確でわかりやすいか
  • こちらの希望通りの工事を行ってくれているのか
  • 料金などの見積もりは正確で不明な点はないか
  • こちらの疑問点や質問事項に親身になって答えてくれているか

 

優良業者を探す手段なら一括見積が効率NO.1

 

リフォーム,工事期間は?

一括見積なら”タウンライフがおすすめ” >>

しつこい勧誘もなく安心です

 
TOPへ