スポンサードリンク


更新:2019年11月6日

リフォームと建て替え、どっちの方が安いの?

 

一般的には「リフォームの方が安い」です。

 

 ※立地や建物の内容などにもよります

 

リフォームが建て替えよりも安い理由

 

「既存の建物の解体工事費用」と「新築の建物の建設費用」が必要だから

 

リフォームではなく建て替えを行う場合は、まずは既存の建物を解体する作業が必要です。解体工事は業者にもよりますし、土地の大きさや建物の形状などにもよりますが、数十万円~二百万円前後の費用が必ず必要になります。

 

解体作業が完了し、更地となった所に新しく家を建てるので、新築物件と同じくらいの建物代の費用が追加で必要になります。

 

一方、中古物件をリフォームする場合は、まず建物自体の解体工事はしなくて済みます。既存の建物を有効利用し、新しく住みやすいように工事をするのがリフォーム工事です。

 

もちろん、必要に応じてお風呂場やキッチンなどを一旦解体して新しいものと交換する場合もあります。

 

しかし、そのような場合の解体工事は、家を1軒丸ごと解体する工事とは規模が大きく違うので、当然、解体工事費用にも大きな違いが出てきます。

 

こういったことからリフォームは、家を建て替えるよりも工事費用を大幅に安く抑えることができます。

 

リフォームに必要な費用

・中古物件の費用(建物代+土地代)※すでにお持ちの場合は不要
・リフォーム工事費用

 

建て替えに必要な費用

・中古物件の費用(建物代+土地代)※すでにお持ちの場合は不要
・既存の建物の解体工事
・新築の建物の建築代

 

同じグレードの内装工事をする場合は、建て替えとリフォームでは一体どのくらいの費用差が出る?

 

「数百万円単位での大きな差」が出ます ※工事業者や工事内容にもよる

 

同じグレードの内装工事を、建て替え・リフォームそれぞれで行うと、200万円~500万円以上の差が出ます。

 

これは、既存の建物の解体工事や新しく家を建てる費用が、建て替え時には追加で必要になってくるからだけではありません。

 

リフォームを部分的に行う場合、元の骨組みなどを使用しながらリフォーム工事を進めて行きます。

 

しかし、建て替えとなると全てが0からの作り直しのため、骨組みなどもなく費用がどんどんかさんでいきます。そのため、数百万円単位の費用の差が生まれてしまいます。

 

同じグレードの内装に工事をした際の各工事費用の差の例

~建て替えの場合⇔リフォームの場合~

 

・解体工事(100万円前後)⇔解体工事(不要0円)
・新築住宅建て(1500万円前後)⇔リフォーム工事(800万円)

 

同じグレードの内装をしたとしても、これほどまでの大きな費用差が生まれてしまいます。そのため、建て替えをするよりも、リフォームは費用をぐんと安く抑えることができる場合がほとんどです。

 

ただし、既存物件の老朽化が進んでおり、建物の内部の劣化などが見られた場合は、基礎部分などへの工事が必要になってきます。

 

そうなると、単なるリフォーム費用だけではなく修繕費用も追加されるため、工事費用が値上がっていく恐れがあります。

 

そのため、契約後にそのようなことが発覚してトラブルに繋がらないようにするためにも、中古物件の老朽化がどのくらい進んでいて、もし必要なのであればどのようなところにどんな修繕工事が必要なのかを確認することが重要です。

 

そしてその費用も含めた上で、建て替えとリフォームのどちらの方が総額で安く済ますことができるのかということを算出することが、後々後悔しない進め方と言えます。

 

リフォームと建て替え 共通して必要になる費用は?

「引っ越し費用」と「新居での家具代」など

 

建て替えを行うにしてもリフォームを行うにしても、共通して必要になってくる費用はいくつかあります。

 

リフォームと建て替え 共通して必要になる費用

  • 引っ越し費用(荷物の量や移動距離などによる)
  • 大工さんへの差し入れ(コーヒーやお茶など、クッキーやおかきなど)
  • 新居で使用する家具類(カーテン・ソファ・ダイニングテーブルなど)
  • 新居で使用する電化製品(掃除機・洗濯機・冷蔵庫など)
  • 引っ越し前後の近所への挨拶回りの品

 

このように、家を新しく購入して住み始めるためには、その他にも様々な出費が必要になってきます。

 

そのため、少しでも費用を抑えることができるように、自分たち家族は建て替えをするべきなのか、リフォームをするべきなのかをじっくりと検討する必要があります。

 

「リフォームと建て替え」それぞれのメリットとデメリット

リフォームのメリットとデメリット

<メリット>
  • 「費用を抑えることができる」
  • 「希望通りの内容の工事を予算内で行うことができる」
<デメリット>
  • 「建物の老築化が不安」
  • 「工期に時間がかかる」

 

中古物件を購入してリフォームを行うと、メリット・デメリットの両方をそれぞれ挙げることができます。リフォームを行うにあたって最大の魅力は何と言っても費用面です。

 

新居を購入するということは、人生の中でも特に大きな買い物をするということです。

 

そのため、少しでも費用を抑えて新居を購入したいと思うのであれば、中古物件を購入してリフォームをすることがおすすめです。

 

リフォームの内容や規模にもよりますが、既存の建物を有効的に利用するため、骨組みなどを1から作る手間をリフォームの場を省くことができます。

 

そのため、家中のリフォームを行うフルリフォームでも、新築を建てるのに必要な費用の7割ほどで収めることが可能とされています。

 

工事費用をぐんと抑えることができるため、新築物件では叶わなかった希望通りのシステムキッチンを導入することができたりします。

 

ただし、中古物件のためどうしても老築化は避けて通れない道です。水道管の劣化や外壁の痛みなど、どうしても老築化は避けられません。

 

もし家の内部まで老築化が進んでいれば、余計な工事もあとから必要になってしまい、結局高額なリフォーム費用を支払わなければならない場合もあります。

 

また、新築物件を建てるよりもどうしてもリフォームは工期が長くなってしまいます。

 

そのため、早急に引っ越しを済ませたいという方は、ある程度前もって工事が始められるように段取りを組む必要がります。

 

建て替えのメリットとデメリット

<メリット>
  • 間取りなども全部自由に選ぶことができる
  • 老築化などは一切なく全てが新しい状態
<デメリット>
  • 費用がかかってしまう

 

建て替えを行うと、1から全てを決めて行くので部屋の内装などだけではなく、間取りから全て自由に自分たちで考えて選ぶことができます。(リフォーム工事の場合、どうしてもぶち抜くことができない壁や柱があったりすると、思い通りの間取りに変更できない場合があります)

 

しかし、建て替えではそのような心配はないので、自分の思い描いた間取りの家に住みたいという人には建て替えがおすすめです。

 

また、中古物件のままリフォームをすると、どうしても建物自体の老築化が気になってしまいます。しかし、建て替えであれば新築の建物と変わらないので、全てが新しい状態です。

 

そのため、建て替えをすれば、安心できる新しい建物を自由に選びながら建てることができます。

 

一方、その分どうしても建て替えは費用が高くついてしまう場合が多くいです。リフォーム時には不要である解体工事費用なども別途必要になるので、費用は格段に高くなってしまいます。

 

せっかくお手頃な価格で中古物件を購入することができても、建て替えをする場合はその物件の土地代を先に支払ったということになり、追加で新規の建物代を支払わなければなりません。

リフォームと建て替え、どちらをする方が良いのか?

リフォームが向いている人

「費用を少しでも抑えながら、自分のこだわりを詰め込んだ家にしたい人」

 

リフォームを行うほうが、建て替えをするよりも費用大幅に節約することができます。そのため、費用を少しでも抑えたいという方には、建て替えよりもリフォームをすることをおすすめします。

 

また、家の中を自分好みの内装にしたいなど、こだわりが強ければ強いほど、建て替えではなくリフォームの方が向いていると思います。

 

内装にこだわり始めると、どうしてもどんどんよりよいグレードの商品を見ることもあって、費用は高くなっていきがちです。

 

しかし、建て替えの場合は既存の建物を解体したり新しくまた基礎工事から始めなければならない場合もあるので、あっという間に予算オーバーしてしまうことがあります。

 

そのため、費用を抑えながらも自分の好きなような内装にしたいという方は、リフォームが断然おすすめです。

 

建て替えが向いている人

「費用がある程度かかっても良いから、ベーシックで安心できる家にしたい人」

 

中古物件をリフォームすると、建物自体の老築化がどうしても心配です。目には見えなくても家の内部の痛みや劣化などは、普段の生活で簡単にチェック出来るものではありません。

 

しかし、建て替えの状態であれば新築物件となんら変わらない新しい建物に生まれ変わるため、既存の物件に比べても劣化は進みにくく、新しい状態を維持しやすくなります。

 

そのため、ある程度費用は必要になってでも安心して新しい建物に暮らしたいという方には建て替えがおすすめです。

 

リフォームか?建て替えか?を選ぶ際のポイント

 

「自分たち家族がどこに重点を置くかをじっくり考えた上で決める」こと

 

中古物件を購入後、リフォームをすべきか建て替えをすべきかで迷った際は、予算の問題・老築化の問題・内装の問題など、自分たちがどこに重点を置いて新居に住みたいのかをまずはじっくり検討して決めることが大切です。

 

そうすることで、自分たちはどちらを選択すれば良いのか明確になってくるはずです。

 

リフォームか建て替えかで迷った際に検討すべき5つのポイント

 

左(緑):リフォームが向いている⇔右側:建て替えが向いている

 

予算を抑えたいのか⇔ある程度の費用は払うことが可能なのか
古民家としての味わいを大切にしたいのか⇔老朽化の心配をしたくないのか
限られた範囲内でできる間取りで良いのか⇔自由な間取りを考えたいのか
予算内で収まるような内装に仕上げたいのか⇔自分好みの内装に仕上げたいのか
工期などにはとくにこだわりがないのか⇔工期をできるだけ短くすましたいのか
TOPへ